読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「パッセンジャー」(ネタバレ含有)

日記 映画

 

2017年3月24日

自宅前の桜が開花していた。

 

昨日分の記事は日付を間違っていた。失礼しました。

 

眠くて仕方ない1日だった。

ネットで「子宮」「そう状態」をたくさん調べた。

眠気にコーヒーは効かなかった。

賞与明細を見て目が覚めた。

今日は会社の偉い人と年度末の面談だった。偉い人が私に呆れていた。うけると大声を出して暴れればよかった。

 

夜はプロジェクトの食事会だった。憂鬱な気持ちもあったけど、ご飯が美味しくて参加してよかった。サッとね、いいお店ありますと提案できる同期の男、すごいよほんと。私はなんでもいいですって最低な発言をしたんだった。

 

なんでもいい。

どっちでもいい。

 

食事のあとは映画「パッセンジャー」を観に行った。

おもしろかった。

ヒロインの待ってた、遅いのよってセリフが素敵だった。いいカップルだったな。どれも美しいキスだった。宇宙服での最初のキスが素敵だった。精神的に参りそうになったときの交わりに切なさがあった。ふたりきりの世界にうっとりした。恋愛映画だった。

バーテンダーのアンドロイドがバッテリー?を抜かれたときの姿、某「ぺっぺr」のセーフレストの姿とおんなじだと大声を出しそうになった。ヒッ!!そしてさ、なぜ主人公が目覚めさせたことを言ったの、意味がわからなかった。私は怒った。

宇宙、未来、技術、美しい映像にわくわくした。宇宙船内のIDや権限による現実的な制限にさえ。宇宙船内の技術に、そんなこと無理でしょとはそんなに思わなかったから楽しめた。

気になったのは結局宇宙船が壊れた理由が何だったのか、私はよくわからなかった。あと、主人公は最後にどうなったのか。片方が冬眠するって話になったあともふたりの時間があったのは素敵だったけど、眠らないのか~といじわるを思ってしまった。うん。

不満が多そうな感想になってしまったけれど、おもしろかった。

 

TOHOシネマ渋谷のシアター6、見やすかった。

H列をまた利用したい。

 

1週間早かった。何をしていたんだろうか。

ペイデイ、まことにおめでとうございました。

では。