読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞台を

日記 読書 自炊

2017年3月6日

 

週末に購入したパンプスを履いて出社。

あれ、ちょっときつい。

 

今日はいつも以上に片目が二重、もう片目が一重なのが目立って嫌だった。誰も見てないのに、気になった。

化粧だけちゃんとして髪の毛は手抜き、オフィスカジュアルに部類されるであろう服装に対してカジュアルなオーシバルのトートバッグ、ちぐはぐなかっこうがカッコ悪い。

 

今日も「進捗」の読み方がわからなかった。

ドキュメントを読もうとしないで、試して試して、そうやって解決しようとして。誰とも話したくないから質問もなかなかしなくて。一日何をしていたのだろうか。

得意なことが何もない。調査も、プログラミングも、ノンプログラミングのツールの使い方だって、何も自信がない。自分のすることなんて全部間違っている、と思っている。

 

今日はお弁当を持参。

先週は寝坊したりやる気がなかったりでお弁当を持っていけてなかった。今週は持っていけそうな気がする。

メニューはいつも同じ、にんじんのきんぴら(今週はこんにゃく入り)、醤油洗いしたホウレンソウ、ゆでささみ。ホウレンソウとささみなんて、これから調理されるような状態のものを食べてる。ごはんは持って行ってない。忘れ物がなければ即席スープか野菜ジュースを持っていってる。今日は忘れた。

 

昼休み中に、西加奈子の「舞台」を読み終えた。

なかなか一気に読むことが少なかったから時間がかかった。おもしろかった。小説を読むといつもは主人公と自分を重ねて共感することが多いけれど、この作品はそういうことはなかった。自分は自分のダメな部分を人にぼたぼたと見せてしまうタイプだから。読んでいて思ったのは、主人公、もしかして元恋人に似ているのでは、だった。おわかりの通りまだまだ引きずってるんだけど、彼の思考を理解できないまま終わって苦しい気持ちになってたから(悪いのは私です)、主人公のこれまでや考え方を読んで「絶対これじゃん!」と思って少し元気になった。こじつけなんだけど、わかった気になって、心穏やかになれた。どんな読み方だ。

 

2時間か3時間か残業して退社した。

何も生み出せなくてごめんなさい。

 

スーパーに寄って帰宅して、夕食に豚のしょうがやきを作った。

見た目が全然生姜焼きでなかったし、美しくないキャベツの千切り、盛り付け、がっかりな皿の上だった。ごはんは久しぶりに玄米ご飯。ポテトサラダとお新香はお惣菜コーナーで買ったやつ。

f:id:nabesaki:20170307012843j:plain

お腹空いていないのに食べるのって本当に悲しい気持ちになるね。

 

では。